ウエサカ模型店 プラモデル・鉄道模型専門店。タミヤ・アオシマ・カトー・トミックス等、登録販売店です。
安心してお買い求めください。昭和31年創業、品揃え豊富なウエサカ模型店をご利用ください。
HOME | 特定商取引法 | お買い物方法(ご注文) | お支払い方法 | 送料 | 返品・交換 | マップ | お問い合わせ | サイトマップ

TOP>鉄道模型(Nゲージ) カトー>車両セット>W7系北陸新幹線 はくたか 基本/増結セット

カトー 10-1262/1263 W7系北陸新幹線 はくたか 6両基本/6両増結セット

商品番号 商品名 定価
(税込8%)
販売価格
(税込8%)
在庫
10-1262 W7系北陸新幹線「はくたか」6両基本セット 19,440円 15,840円
10-1263 W7系北陸新幹線「はくたか」6両増結セット 14,688円 11,968円
 関連商品 → 10-555 683系サンダーバード6両基本セット・新仕様 / 10-556 683系サンダーバード3両増結セット・新仕様
           10-1391 683系「サンダーバード」(リニューアル車)6両基本セット
           10-1392 683系「サンダーバード」(リニューアル車)3両増結セット

【W7系北陸新幹線「はくたか」】
 平成27年(2015)3月14日に全面開業した北陸新幹線。
 金沢開業に向けて、JR西日本とJR東日本が共同開発したのがJR西日本W7系/JR東日本E7系新幹線です。
 外観は、高速走行するための造形と日本の伝統的な色使い、走行する沿線の風景を融合させ、スピード感と精悍さが表現されています。先頭形状は環境性能を配慮した空気力学的な最適形状にデザインされました。
 交流電源25000Vの50/60Hz両用の機能を備え、最高時速260km/hで東京-金沢間を約2時間半で結び、列車愛称名は「かがやき」「はくたか」「つるぎ」と命名されています。
 特急「はくたか」の歴史は昭和40年(1965)、キハ82系で運転されていた特急「白鳥」の上野〜金沢間を系統分割して誕生したことから始まります。
 当初はキハ82系で信越線経由、昭和44年(1969)の485系化と同時に上越線経由へ変更され、昭和57年(1982)の上越新幹線開業により一旦その羽を休めることになりました。
 平成9年(1997)、北越急行ほくほく線の開業により越後湯沢から金沢方面への上越新幹線接続特急として復活、平成14年(2002)に最高速度が営業運転では国内狭軌最高の160q/hに引き上げられ、関東から金沢方面への最速ルートとして最大13往復まで増発され活躍してきました。そして、開業と同時に「はくたか」の名は在来線特急から北陸新幹線に引き継がれました。


【主な特徴】
 ◆JR西日本のW7系新幹線を開業と同時に製品化。
 ◆ワンモーションラインと呼ばれるJR東日本E2系新幹線の流れを継ぐ先頭形状。空色と銅色を纏った落ち着きのスタイルを再現。
 ◆グリーン車より上段クラスの「グランクラス」をJR西日本で初めて導入
 ◆「JR WEST JAPAN RAILWAY COMPANY」 と表記のあるシンボルマークを鮮やかに印刷済。
 ◆側面行先表示は印刷済。停車タイプの列車「はくたか・金沢行」で設定。
 ◆中間連結部は、センタリング機構が付いて連結しやすくなったダイヤフラムカプラーを採用。実感的で確実な連結を実現。
 ◆フライホイール搭載の定評ある動力ユニットを搭載。12両でも安定した力強い走行を再現。
 ◆パッケージは、基本/増結セット共に、6両ブックケース入。

【セット内容】
 ◆10-1262 6両基本セット
   <1号車>     <6号車>     <7号車>     <8号車>    <11号車>    <12号車>
  W723-103 + W726-303 + W725-303 + W726-403 + W715-503 + W714-503
 ◆10-1263 6両増結セット
   <2号車>     <3号車>     <4号車>    <5号車>     <9号車>    <10号車>
  W726-103 + W725-103 + W726-203 + W725-203 + W725-403 + W726-503



別売対応オプション
 ◆11-211 LED室内灯 クリア
 ◆11-212 LED室内灯 クリア(6両分入)
 ◆11-213 LED室内灯 クリア(電球色)
 ◆11-214 LED室内灯 クリア(電球色)(6両分入)

このページのトップへ
 Copyright(c)2008 ウエサカ模型店 All Rights Reserved.